いのち華やぐ: 書あり、人あり、私あり

森 和風/著

発売日:2019年4月4日

1,000円(税込)

装幀

カバー/22世紀アート

デザイン/22世紀アート


発行形態:電子書籍

ジャンル:教養



波瀾に富む壮麗な女流書家の生き様は、その書と同じく「明敏」、「痛快」、「情熱的」——

「私は今を生きていることに心から有り難う……と大きな声で言いたい。」(本文より)

書作歴50年以上の宮崎県の女流書家・森和風による自叙伝。自身の人生の軌跡とその時折の作品と共に、周囲の人々への感謝の気持ち、書道家の在り様、時代の流れと古き良き時代への懐かしい思い出などを、飾らない言葉で書き綴った一冊。「書」と「人」と「私」をまとめた人生の物語!!

著書プロフィール


森 和風(もり・わふう)

1939年 宮崎県西都市生まれ。

1958年 福岡香蘭女学院と短大においてモードファッション研究中書芸術活動に入る。

1965年 金子鴎亭(1990・文化勲章受章)に師事、現在に至る。

1969年 改組第一回「日展」入選。以後7回入選。

1969年 「創玄展」推薦・毎日新聞社賞により委嘱となり、1975年に「創玄展」大賞受賞(女性二人目)により審査会員となる。

1970年 「毎日展毎日賞」受賞により委嘱作家となり、1984年に審査会員となる。

2000年 第51回・「宮崎県文化賞」(芸術部門・女性初)受賞。

 

国際交流歴30年。

訪中41回、渡欧米10回、海外展18回。

 

現在

(財)毎日書道会・審査会員

(社)創玄書道会・審査会員、評議員

日本詩文書作家協会評議員

法務省・篤志面接委員

国立大学法人宮崎大学教育文化学部講師(非)

現代書研究「書槐社」代表

森和風書道会主宰

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0