じゅんた君ときつねのコン子ちゃん

鶴 良夫/著

発売日:2019/8/13

500円(税込)

発行形態:Kindle版



商品解説

小学生のじゅんた君は、村の盆踊りで出会った気の強いおんなの子に恋をする。おんなの子を探して森で迷子になったじゅんた君は、助けてくれたおばあから、飲むと動物と話ができるようになるお茶をもらう。じゅんた君は動物たちと仲良くなりながら森を進み、ついにおんなの子を見つける。おんなの子の正体は、人間に化けていたきつねだった――。

人間のおとこの子ときつねのおんなの子、ふたりの恋と冒険を描きながら、自然を守ることの大切さを語る。親子で読みたいファンタジー小説。

著書プロフィール


鶴 良夫(つる・よしお)

1932年,佐賀市に生まれる。

著書に『ガンバレ!理枝先生』(ぎょうせい)。『佐賀ん町を馬鉄が走る』(リーベル出版)これは,1988年2月13日から6月14日まで『佐賀新聞』に連載。『筑後川渡船転覆』(リーベル出版)。『岸岳城へ翔ぶ』(鳥影社)がある。

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0