すべからく60点主義: 資生堂を美しく輝かせた男、大村匡一郎 (元副社長)の軌跡

内田 今朝雄/著

発売日:2019年3月27日

900円(税込)

装幀

カバー/22世紀アート

デザイン/22世紀アート


発行形態:電子書籍

ジャンル:教養



「大村さんの話を聞いていると、面白いエピソードが多い。それに、頑固なほど自分の主義を貫き、真っ直ぐに好きなように生きているその姿勢が羨ましかった。そこで、大村さんの生きてきた軌跡に興味を持つようになった。そんなキッカケで、この本がつくられるようになった。」(本書「まえがき」より)元資生堂宣伝部社員が資生堂元副社長・大村匡一郎の軌跡をたどる——7章にわたる本文のほかに、コラムや手記「大村さんと私」、また大村本人によるエッセイなども収録。大村匡一郎という男の魅力を余すところなく描き出した一冊!

著書プロフィール


内田 今朝雄(うちだ・けさお)

1973年慶應義塾大学卒業後、(株)資生堂にコピーライターとして入社。その後、花椿編集、CMプランナー、クリエイティブデイレクターを経て、クリエィテイブプロデューサーに。

2003年夏に資生堂キャンペーンソングを集めたコンピレーションCD『音椿 紅盤・白盤』(発売 ソニー/東芝EMI)の総合プロデュースをする。

2005年3月に(株)資生堂を早期定年退職制度で退社。

2005年12月、有限会社フレグランスジャーナル社に入社。美容専門誌「クレアボー」の編集長を務め、新しい視点の美容情報を発信し、エステティック・ネイル・スパ業界をリードしている。

2017年12月、「クレアボー」の休刊に伴い、フレグランスジャーナル社を退社。

2ol8年1月、内田プロデュースを立ち上げ、「ビューティーUP」のwebマガジンを発行、そして「ビューティーUP」セミナーも定期開催している。

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0