俳句を科学する: 自然科学的視点からのアプローチ

執木 龍/著

発売日:2019/6/17

800円(税込)

発行形態:Kindle版



商品解説

未来の俳句の定型は「三五三」になる!? 現代俳句を因数分解する!?

俳人であり工学博士という異例な経歴を持つ著者が、俳句を科学的な視点から分析した、唯一無二のユニークな俳句論。

俳句をそのリズムによって図形・立体化する試み「多面体論的定型論」、生物学からの類推によって俳句の特質を考察する「俳句の本質―生物学的俳句論」など、大胆発想から生み出されたエッセイ12編を収録。すべての俳句好き必読の書!

 

〈目次〉

俳句のサイズ

俳句の文様性

心にしみる俳句

俳句における美の規範

俳句への疑問

俳句における決断と優柔

多面体論的定型論

俳句の行方

俳句の本質―生物学的俳句論

時代の俳句、個性の俳句

俳句の季語と定型

俳句の視界―俳壇時評「矢じり」から

 

著書プロフィール


 執木 龍(とりき・りゅう)

昭和5年、東京生まれ、本名・寺門龍一。電気工学を学び、教壇に立つ。工学博士。

昭和48年、職場に俳句会が結成され俳句を始める。

昭和59年、「狩」入会

昭和63年、10周年記念狩評論賞受賞

平成4年、第13回狩評論賞受賞

平成8年、第17回狩評論賞受賞

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0