代表挨拶

MESSAGE


誰もが「本」に触れ、「本」を生み出し、「本」を愛する人になる。

そんな文化インフラを作るために、22世紀アートをスタート致しました。

 

「イノベーション経営は、徹底した顧客第一主義からしか生まれない」

この想いを胸に、持ち前の諦めの悪さを生かし次世代に立ち向かっていきたいと考えております。

 

「出版とは、今、社会が必要とする情報を発信すること」という思いを胸に、これからも沢山の良書を新たな本の形「電子書籍」として、多くの人々に届けるお手伝いをさせて頂きたいと強く思います。

 

株式会社22世紀アート 代表取締役

向田 翔一


これまでの経歴

1982年生まれ。某一般社団法人にて、事務局長を歴任し、国内最大規模のチャリティー展(文部科学省、厚生省、エイズ予防財団後援)を国立新美術館にて毎年開催。

 

辞任後、作家と社会が共存共栄できるプラットフォームが必要と考え、32歳の時に出版社として合同会社22世紀アートをスタート。翌年には現在の株式会社22世紀アートとなり、5期目にて1000冊以上を出版し、作家様が出資した費用を回収する出版プラットフォームを実現。

 

現在は、「売れるまで諦めない」をコンセプトに、半永久的な作家宣伝プラットフォームとして、WEBマガジン「SOCIO」を立ち上げ、新たな出版のカタチを提案。


起業(継承)の経緯や過去のエピソード

起業(継承)の経緯や過去のエピソードについて、芸術業界で厳しい作家生活の現実を目の当たりにしました。

 

芸術分野に限らず、全ての作家の創造を継続する環境を早急に整えなければ、日本の文化が貧弱になると感じました。その状況を知る私がやらなければならないと感じ、起業しました。