もっと知りたい九州人(ひと)、その偉大なる生き方に学ぶ――西方の地が育んだ81の偉人たち

山崎 潔 / 著

発売日:2021/5/25

1,250円(税込)

発行形態:電子書籍



商品解説


[商品について]

 

 

――貝原益軒のことを、かのシーボルトは「東洋の〇〇」と評しました。〇〇に入るのは、次のどれでしょうか。

 

 

1.ダ・ヴィンチ、2.アリストテレス、3.ゲーテ

 

 

益軒は、日本の儒者の中で最も早くその存在が海外の学者に認められた知の巨人でした。正解は、本書第2部「貝原益軒 博ク学ビ詳ラカニ問エ」をご覧ください。

 

宮本武蔵、西郷隆盛、大久保利通、江藤新平、福沢諭吉、岩崎弥太郎、細川ガラシャ、小泉八雲――九州を舞台に、偉業をなした綺羅星のごとき人々。日本のどこよりも早く新しい文物にふれてきたこの地で育まれた風土は、多くの英雄、偉人、異才たちを歴史の舞台へと送り込んできた。本書は、人材の宝庫ともいうべき九州の地とその歴史に、使命感とともに美しい生き方を刻んだ人たちを取り上げて紹介した、偉人ガイドブックである。

 

[目次]

序文

第一部 国を愛す同胞を愛す 国を超えて君を愛す。

出光佐三  海賊ノ愛ト誠ト信念ト。

梅屋庄吉  財ヲモッテ君ヲ支援ス。

大浦慶  維新ノ志士ヲ愛シタ女傑。

トーマス・グラバー  東洋ノ国ニ夢ヲ託シ。

小泉八雲  日本ノ面影ヲ求メテ。

西郷隆盛  仰ギテ天ニ慚(はじ)ズ。

佐野常民  博愛ハ文明進歩ノ証シ。

フォン・シーボルト  近代文明ノ偉大ナ教師。

楠本イネ  医者ニ成ラズンバ。

鄭成功  落日ニ燃ユル侍ノ血。

ド・ロ神父  魂モ生活モ救イタイ。

永井隆  此ノ涙ヲイカニセム。

広瀬武夫  日本ヲ愛ス、ロシアモ愛ス。

細川ガラシャ  散リヌベキ時ヲ知リテコソ。

柳原白蓮  筑紫ノ女王ノ数奇。

ハンナ・リデル  「救ライノ母」ト呼バレテ。

第二部 語り継がれる人びと 不滅の物語。(五十音順)

青木繁  天才ノ光芒(こうぼう)ト悲惨。

油屋熊八  観光別府ノ祖、使徒ヲ迎エル如ク。

一井正典  歯科医療ノ開拓者。

伊東玄朴  百姓ノ子、将軍医ニ昇ル。

稲尾和久  投ゲラルレバ満足。

井上伝  藍ト白ノ美ニ魅セラレ。

岩崎弥太郎  有事ニ私利ヲ望マズ。

岩松助左衛門  暗礁ニ灯火トモサン。

犬童球渓  愛郷ハ詩トナリ歌トナリ。

上野彦馬  写真ハ歴史ノ証人ナリ。

梅ケ谷藤太郎  横綱ハ不敗タルベシ。

江上津直・井上甚十郎  温泉ヲ民ノ宝ニ。

江藤新平  国家ノ使命ハ民ノ安堵(あんど)。

大久保利通  気骨稜稜(きこつりょうりよう)ノ革命者。

大隈重信  政治ハ我ガ輩(はい)ノ生命(いのち)。

大友宗麟  神ノ教エハ棄(す)テマジ。

貝原益軒  博(ひろ)ク学ビ詳(つまび)ラカニ問エ。

亀井南冥  学問ハ民ノ為ニ。

川上音二郎  イザ、「我ガ劇場ノ舞台」ヘ。

河村光陽  童謡ニ日本ノ旋律ヲ。

北里柴三郎  国民ノ衛生健康コソ。

北原白秋  柳川ハ詩歌ノ母。

草野丈吉  元祖、カリスマ・オーナーシェフ。

久留島武彦  童話ヲ語リテ行脚ノ生涯。

黒田如水  人ニ媚(こ)ビズ富貴(ふうき)ヲ望マズ。

五代友厚  士魂洋才、大阪ヲ救フ。

五人の庄屋  磔(はりつけ)ニテモ不服アルマジ。

小松帯刀  大政奉還ノ演出者。

小村寿太郎  誠実デアレ正直デアレ。

斎藤茂吉  港ト鐘ト歌ゴコロ。

佐藤慶太郎  富ミテ死スハ恥辱ナリ。

島井宗室  質素ト気骨、心ハ錦。

下村湖人  道ナクバ切リ開クベシ。

杉田久女  格調高キ心ノ叫ビ。

仙厓  座禅デ仏ニ成レルナラ。

副島種臣  識見ト高潔ト恬淡(てんたん)ト。

高群逸枝  女性学ヲ切リ開ク。

滝廉太郎  残ル思ヒ如何ニセム。

立花宗茂  武士ノ中ノ武士。

辰野金吾  建築ハ美術ナリ。

田中久重  万般ノ機械ノ考案ニ応ズ。

種田山頭火  鐡鉢(てっぱつ)ノ中ニモ霰(あられ)。

丹下ウメ  オナゴ化学者ノ朝。

長夘平  旱魃(かんばつ)苦カラ救イタイ。

鉄川与助  教会建築ニ生涯ヲ捧グ。

東郷平八郎  国ノ命運コノ戦イニアリ。

徳冨蘆花  蘆花(あしはな)ノ見所(みどころ)ナキヲ愛ス。

中村天風  イツモ心ニ太陽ヲ。

夏目漱石  トカク人ノ世ハ。

鍋島直正  富国ハ人ト文明ニアリ。

野村望東尼  面白キ事モ無キ世ヲ。

林芙美子  花ノ命ハ短カレド。

広瀬淡窓  学問ヲ授クルハ天命ナリ。

広田弘毅  計(はか)ラワズ弁明セズ。

福沢諭吉  他ニ迷惑ナクバ人ハ自由ナリ。

布田保之助  潤ハ百物ニ及ブ。

二川相近  言葉ハ豊穣、歌謡ハ楽シ。

松田雅典  缶詰ハ殖産ノ道。

宮本武蔵  万事ニオイテ、我ニ師匠ナシ。

本木昌造  活字ハ文化ノ刻印ナリ。

安元知之  農村青年ニ娯楽ト文化ヲ。

夢野久作  福岡ノ土俗、近代ノ迷宮。

横井小楠  維新ノ青写真ヲ描ク。

若山牧水  我ハ即、詩歌ナリ。

渡辺与八郎  街ヅクリノ夢、福岡ノ夢。

添え書き

関連年表

主な参考文献・資料

著者略歴

 

 

[出版社からのコメント]

古くは大宰府が、江戸時代には出島が置かれ、日本という国にとっては大陸の玄関口として政治・外交・文化の要衝地であったと言えるた九州。その地に育まれた人や文化の中には、私たちが学ぶべき宝物がたくさん眠っている様に思います。本書を通じて、そんな宝物を掘り出していただければ嬉しく思います。

著書プロフィール


山﨑 潔(やまさき・きよし)

 

元読売新聞記者。九州市民大学常任理事・運営委員。長崎県出身。長崎西高校、横浜市立大学で学ぶ。

昭和38年(1963)、読売新聞東京本社入社。浦和支局、西部本社社会部記者・デスク、福岡総局長、編集局総務、スポーツ報知新聞(西部)社長などを務めた。この間、狭山事件、日航機「よど号」事件、原子力船「むつ」放射能漏れ事件、竹島航空取材はじめ、昭和天皇の崩御、阪神淡路大震災にいたる事件・事故の取材、報道に関わった。

編著書に『うたの誕生』『ニセ五千円札事件』『九州産業大学事件』など。

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0