わたしの撮影記録 日本の蝶260種

稲田 博夫 / 著

発売日:2021/9/20

800円(税込)

発行形態:電子書籍



商品解説


[商品について]

―人が自由に訪問できる日本最南端の島であり、南十字星を見ることができる島の名前は次のうちどれでしょうか。

1.波照間島、2.与那国島、3.久米島

 

正解は、本書「タテハチョウ科」をご覧ください。

 

「美しくはかないもの、蝶と花はよく似ている。」(「はじめに」より)——本書は著者自ら日本中を巡り歩き、その手で撮影した蝶の記録である。現在日本に生息する蝶のうち、その大部に及ぶ260種を、彩り鮮やかで、蝶の羽ばたきが聞こえるようないきいきとした写真で届ける。写真とともに簡潔な種の説明、生息地(撮影地)、撮影紀行文を付す。

 

[目次]

はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2

・アゲハチョウ科 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3

   ・ウスバキチョウを求めて・・・・・・・・・・・・・・・・・・22

・シロチョウ科・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・23

   ・クモマツマキチョウ撮影記・・・・・・・・・・・・・・・・・・42

・シジミチョウ科・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・43

   ・対馬紀行・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・88

・タテハチョウ科・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 89

   ・八重山諸島紀行:波照間(ハテルマ)の記憶・・・・・150

・セセリチョウ科・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・151

   ・撮影地・撮影機材・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・172

   ・参考文献・著者関連文献・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・173

おわりに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・174

 

[出版社からのコメント]

図鑑というと、その情報量の多さや物としての完成度の高さに、作り手の影が見えづらいことがあります。一方で本書は、全ての写真がただ1人の人によって撮られたこと、そして随所に書かれた撮影紀行文を読むと、蝶の撮影に伴う困難や周りの人々の助力について書かれており、この本がどれだけ苦労して作られたのかがよく分かります。それだけに、きっと読んだ人に愛着を抱いてもらえるのではないかと思います。

著書プロフィール


稲田博夫(Inata Hiroo)

1944年 島根県雲南市生まれ

1963年 島根県立大東高等学校卒業

1967年 京都大学工学部卒業

1969年 京都大学大学院工学研究科終了

1969~2004年 帝人株式会社勤務

山口むしの会所属

工学博士

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0