二つの故郷

溝口 啓二郎/著

発売日:2019/9/12

700円(税込)

発行形態:Kindle版



商品解説


「故国への引き揚げを境にした二つのメモリーズは、わたしの脳裏の襞に刻み込まれていて、故郷を訪れた際のわたしの思い出の縁となっている。南の島と山間の町、わたしには故郷が二つある。」(本文より)

台湾台北市に生まれ、13歳までこの地でのどかな生活を送った著者は、敗戦後に日本へ引き揚げ、シュトゥルム・ウント・ドラング(疾風怒濤)の時代のなか現実の厳しさを味わう—台湾と日本、“二つの故郷”を持つ著者が、それぞれの生活体験を赤裸々に描いた回顧録。

著書プロフィール


溝口 啓二郎(みぞぐち・けいじろう)

昭和7年4月、台湾台北市に生まれる。

昭和42年3月、東京外国語大学卒業。

平成5年3月、大分県立高等学校定年退職。

平成6年4月~平成15年3月、大学・専門学校で非常勤講師としてドイツ語を教える。

平成8年、アメリカの大学でドクター(文学)の学位を取得。

著書に『英語とドイツ語を比べる』(平成元年)がある。

大分市在住。

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0