人間の「本質」とは何か

町屋 肇 / 著

発売日:2019/12/11

700円(税込)

発行形態:電子書籍



商品解説


「経済とは何か」という人間の営みに見えてくる本質の核を明らかにする—

 

「『経済とは何か』という人間の営みに見えてくる本質の真部分を明らかにしていきたいと思います。このためには、人間としての根本原理でもある生きる姿を、まず探っていく必要性が出てきます。これは、そこまで突き詰めていかなければ人間の認識または行為の根本にある決まりでもある行動原理に辿り着けないと思われたからです。」(本書「はじめに」より)

 

本書は、恩師の「経済とは『生きる』ことである」という言葉に端を発し、「欲求」「欲望」「環境」などのキーワードをもとに、現代社会における人間の行動原理、さらには「生きがい」について考察した一冊。

 

既刊作品『人間への「問いかけ」』『人間の「生きる術」とは』に続く、人間の行為と自然の営みについて思索する「人生の卒業論文」シリーズ第三弾!

著書プロフィール


町屋 肇(まちや・はじめ)

1942年、旧満州国生まれ、青森県育ち。

1967年、神奈川大学法経学部経済学科(大熊信行ゼミ)卒業。

同年、〈特殊法人公立学校共済組合本部〉就職。

2003年、同法人、退職。同年、〈財団法人教職員生涯福祉財団〉就職。

2008年、同法人、退職。

 

【著書】

『人間への「問いかけ」』(新潮社図書編集室)

『人間の「生きる術」とは』(同右)

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0