仮橋 : 大津留直歌集(あけび叢書第一八二篇)

大津留 直 / 著

発売日:2020/1/24

800円(税込)

発行形態:電子書籍



商品解説


麻痺の身を意識し初めし遠き日のわが目に沁みし赤き夕ぐれ

 

脳性麻痺による歩行・言語障害を持つ作者が、自らの障害のこと、ドイツで哲学を学んだ青春の日々、妻との出会いを詠う。

自らの生を克明に見つめる深いまなざしに貫かれた歌集。

平成九年より平成二十年の作品を収録する。

 

(収録作品より)

帰り来しわがふるさとはかそかなる金木犀の香に包まるる

希臘(ぎりしあ)語を学び疲れてベーテルの夜道に明き月を仰ぎし

癲癇を病む若者が全身をふるはせて聴くバッハ受難曲

没りつ陽は筑後川面にあかあかと義父をし惜しむごとくかがよふ

つばくらめ短き夏を惜しむがに塔をめぐりて身を翻す

芍薬の花はドイツのさむき雨ふふみて重くうなかぶしゐむ

若き日のわが自画像の澄みし眼に未だに遠き灯火(ともしび)を見る

著書プロフィール


大津留 直(おおつる・ただし)

1947年 三重県生まれ。脳性麻痺のため歩行・言語障害。

1954年~1963年 東京都立光明養護学校小学部・中学部在学。

1972年 早稲田大学修士課程終了後、ドイツ ベーテル神学校・チュービンゲン大学へ留学。

1992年 ドイツ チュービンゲン大学より哲学博士号取得

1996年 帰国

1997−2004 大阪大学非常勤講師

1998−2005 関西学院大学非常勤講師

1995年より「あけび短歌会」会員 2013年より同選者

著書 『正義とディケー ‐ ハイデッガーのニーチェ解釈における自己批判としての思索の道』(ドイツ語)

論文 『障害と健康』(『現代思想』2000年9月号)・『言葉への道。芸術の現象学へ向けて』(『思想』2004年12月号)など

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0