健康になりたければ今すぐ口呼吸を止めなさい:歯科医が教える「除菌歯みがき」で免疫力が大きく上がり 他の方法では治らない人も 即!簡単に治せる画期的改善法

梅田 龍弘 / 著

発売日:2021/9/14

1,200円(税込)

発行形態:電子書籍



商品解説


[商品について]

――母乳を吸う時の赤ちゃんは、何歳までが全て鼻呼吸のみで行っているでしょうか。

1.0.5歳、2.1歳、3.2歳

正解は、本書第1章「口呼吸をする動物は、人間だけで最大の欠点」をご覧ください。

昨今のマスク生活の影響で呼吸が浅くなり、口呼吸で疲労困憊したり、口呼吸が習慣になってしまったりしていませんか? 口は本来、飲食物の通り道であり、呼吸器官としての機能は持っていません。口呼吸はだるさや疲れ、肩コリ、腰痛の原因となるだけでなく、血流を悪くして免疫力低下を招いたり、集中力が低下するなど、さまざまな問題を引き起こします。日本人の7割は口呼吸をしていると言われますが、その原因として、正しい歯みがきができていなかったり、育児法が間違ってきていることなどが挙げられます。本書では、歯科医師として歯だけでなく、噛み合わせや口呼吸の治療にも携わってきた著者が、「除菌歯みがき法」を中心に口呼吸を根本から治すための考え方を一般の方に分かりやすく解説し、免疫力を上げて薬に頼らず本当の意味での健康な身体になる方法を伝授します。

天然のマスクである鼻呼吸を活用して、新型コロナウイルスやインフルエンザ、花粉症、風邪対策をしていきましょう。

 

[目次]

第1章 マスク生活で浅くて速い呼吸(口呼吸)を続けていると息苦しくなる二つの理由

第2章 口呼吸(鼻づまり)が病気をつくる

第3章 口呼吸(鼻づまり)は簡単に治せる

第4章 口呼吸(鼻づまり)が治るしくみ

第5章 口呼吸を治す! 95%歯垢を取る除菌歯みがき法

第6章 〈歯垢吸着歯ブラシ「Retooth(リトゥース)」〉の紹介

第7章 Retooth(リトゥース)を使って簡単にできる「ずぼら歯みがき」

第8章 〝LOSS OR DIE〟

第9章 お口から始まる恐ろしい病気

第10章 さらに効果を上げる方法

第11章 歯のおもしろ雑学

参考文献

著者略歴

 

[出版社からのコメント]

口呼吸は良くないと言われても、具体的にどう良くないのかまではあまり知られていないのではないかと思います。マスクを着用する機会が格段に増え、これまで以上に免疫力への関心が高まっている今、ぜひ本書を通じて口腔衛生と鼻呼吸への意識を高めていただければ嬉しく思います。

著書プロフィール


梅田 龍弘(うめだ・たつひろ)

 

歯科医師

歯はもちろんのこと、噛み合わせ・口呼吸を治すこと(鼻呼吸)により健康な身体になれることを第一に治療を行っている梅田歯科医院の院長。

1958年京都府生まれ、1982年大阪歯科大学卒業、勤務医を経て1985年京都府京丹後市峰山町にて開業、2013年4月に現在地に移転。

著書に『あなたの人生を変えるスウェーデン式歯みがき』『歯周病が3日でよくなる除菌歯みがき健康法』『口呼吸は治る!』『1回3分! ずぼら歯みがき』((いずれも自由国民社)がある。

 

企画 (有)ティ・ユーコーポレーション

 

梅田歯科医院 診療科目 歯科 小児歯科 矯正歯科

〒627-0012 京都府京丹後市峰山町杉谷652

診療の御予約は TEL 0772(62)6480

※電話での本の内容に関するお問い合わせはお受けいたしかねます。

ネット予約 http://www.umeda6480.jp

 

オンラインショップ 歯科用品全般、本書でおすすめの商品が揃います。

オーラルリーフ https://www.oral-leaf.jp/

 

歯科医が監修したオーラルケア用品専門店「あなたの街の歯ブラシ屋さん」出店者募集!

歯科医院専用の商品で店舗等の一角など空きスペースで出店可能。

お問い合わせ・・・(有)ティ・ユーコーポレーション TEL 0772(62)0421

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0