凍える花: 福田晋短編小説集

福田 晋/著

発売日:2019/11/1

1,250円(税込)

発行形態:Kindle版



商品解説


青森から東京の大学へ進学した主人公の丸山茂太。英米文学科の生徒として多忙な毎日を送るなかで、横浜の下宿の娘・久子と恋に落ちる。数年後、結婚を機に弘前の中学・高校に就職した茂太と久子は、これからも幸福な日々が続いていくと信じていた……衝撃的なラストを迎える表題作ほか二編を収録した短編小説集。

 

また巻末には、紀行文「奈良再訪」、考古学・民族学的考察「北日本の縄文文化圏について」「ねぶた考」付き。

著書プロフィール


福田 晋(ふくだ・すすむ)

1934年 秋田県能代市に生れる

1951年 秋田県立能代高校定時制 病気中退

1959年 青山学院大学英米文学科 病気中退

著書

『いつまでも空のうえから』

『彷徨しつづけた私』

『続・彷徨しつづけた私』

『彷徨の果てに』

『琴江の決断』

『古い玩具』

『咲子、その愛』

『彼岸で待ってて』

『エデンの片隅で』

『グッドバイのまえに』

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0