創られた天皇制: 近現代における天皇政治経済心理史研究 

裴 富吉/著

発売日:2019/5/20

1,200円(税込)

発行形態:Kindle版



商品解説

「本書の目的は、昭和の戦時‐戦後期における靖国神社史の戦責関連問題に直接した「天皇‐天皇制」の本質的課題を、今日的な見地よりとりあげ、将来における関連問題も議論する。」(本文より)

「近現代天皇制=意図的に制作された“創造物”」とする視点から、日本の天皇・天皇制史問題を幅広く考察し、明治期の日本帝国において創られてきた「天皇・天皇制の存続可否」の問題に言及した政治心理史的研究の書——

著書プロフィール


 裴 富吉(べえ・ぶぎる)

1947年東京都に生まれる。東京理科大学工学部経営工学科、中央大学大学院商学研究科修士課程・博士課程で学んだのち、1976年から札幌商科大学(現札幌学院大学)助教授・教授、上武大学教授、東京農業大学教授、大阪産業大学教授などを歴任。その間、1992 年に経済学博士(九州大学)。

現在は「社会科学としての経営学」研究家として、専門領域である経営学という学問にとらわれず、産業社会・経営思想の問題などに幅広くとりくみ、批評・時論の著述活動にも従事している。

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0