労働Gメン相良隆志の奮闘記

會田 朋哉 /著

発売日:2019年2月27日

1,200円(税込)

装幀

カバー/22世紀アート

デザイン/22世紀アート


発行形態:電子書籍

ジャンル:文学・文芸



労働災害発生——隠蔽された真実に労働基準監督署長・相良隆志が迫る!!

一九九X年、とある工事現場で死亡労働災害が発生。建設会社はその事実を闇に葬ろうとするが、相良隆志をはじめとする「労働Gメン」たちがその不正を暴こうと奮闘する『偽造』。その他『相良署長の或る一日』『警告書』の計三編を収録。

元労働基準監督官の著者による、社会派小説・相良隆志シリーズの第一弾!!

著書プロフィール


會田 朋哉(あいだ・ともや)

1941年、現さいたま市に生まれる。

早稲田大学大学院労働法専修(修士)。労働基準監督官として労働省に入る。

在任中五か所の署長を勤める。

2001年、厚生労働省を退職。

以後、埼玉医科大学保健医療学部非常勤講師をはじめ、フリーの各種団体等講師、顧問、さらに蕎麦打ち人、陶芸教室を経る。

著書(小説)

『遠くの緑は良いけれど、近くの緑は困るんです……』(ペンネーム:松島真人)

『みちのく一人旅 パートⅣ』(短編)(ペンネーム:松島真人)

『労働Gメン相良隆志 労働基準監督署長奮戦記』(本名:會田朋哉)

『曲り角』(本名:會田朋哉)

〈以上、東京図書出版会〉

『労働Gメン加藤忠雄奮戦す!』(本名:會田朋哉)

『労働Gメン外伝労災隠しされた14万人労働者の死』(本名:會田朋哉)

〈以上、日新報道〉

著書(実務書)

『労働基準行政と労働基準監督官』(本名:會田朋哉)

〈日本法令〉

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0