坊さんだって人間である: 毒舌坊主のぶっちゃけ法話

鈴木 興相/著

発売日:2019/10/22

800円(税込)

発行形態:Kindle版



商品解説


「我々人間という動物は、きわめて生臭い存在である。金も欲しけりゃ名誉も欲しい、地位も欲しけりゃ、女も抱きたい。そんな生臭い人間のために「開発」されたのが仏さま、つまり祈願である。生臭いから人間なのだ」(本書より)

 

俗世間で波乱万丈の日々を送り、40代で仏門の道へ。異色の経歴を持つ僧侶の、人間味あふれる仏教エッセイ。仏教についての本音や男女のあれこれを赤裸々に語り、社会を鋭く風刺。ユーモアとジョークをまじえて、仏の教えの本質を説く。

 

仏教? 法話? 堅苦しくて退屈、難しくてつまらない―そんなイメージを鮮やかに覆す一冊。

著書プロフィール


鈴木 興相(すずき・こうそう)

1947年生まれ。

秋田県羽後町出身。

宮城県仙台市在住。

様々な職業に就き、紆余曲折の生き方の末、仏門にたどり着く。

松島の不動院開悟峯寺にて戒壇。

青森の陸奥護国寺にて得度、高野山にて修行する。

真言宗・智山派大観密寺(仙台大観音)院代。

日々托鉢の傍ら、写仏教室を通じて布教に努めている。

著書に『羅刹(らせつ)のスゴロク』(2007年2月)、『無漏(むろ)なる雫(しずく)』(2007年11月)、『越法罪(おっぽうざい)』(2009年4月)、『葬儀はいらんて、そんなムチャな!』(2011年5月)共に文芸社刊がある。

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0