夏は過ぎても:横須賀ほのぼの物語

猿島 渡 / 著

発売日:2020/2/4

600円(税込)

発行形態:電子書籍



商品解説


「あれから何度となく、私の周辺を夏が通り過ぎて行った、横須賀で過ごした子供の頃から数えると、五十年近い歳月が流れて行ってしまった。五十代の半ばになった今でも、時々懐かしくなって海を見に行くことがある。平成十六年の二月のある日、つい天気に誘われて、久しぶりに海を見に行くことになった。

八王子から国道十六号線で町田に出る。その後は道なりに横浜横須賀道路に乗れば、わけなく行くことができる。逗子の一つ先の横須賀インターで降りると、左方向へ進み、本町山中有料道路に入る。昔から考えると、ずいぶんと便利になったものだ。やがて穏やかな下り坂を走り下りて行くと、左手に軍港が見えてくる。何年経っても生まれたところというものはいいものだ。空気も違うし陽の光も妙にまぶしいような気がする。」(本文より)

著書プロフィール


猿島 渡(さるしま・わたる)

1949年 神奈川県横須賀市生まれ

東京都あきる野市在住

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0