宮澤賢治の「やまなし」を読む: 込められた思いと表現の工夫

繁田 興司 /著

発売日:2018年1月17日

550円(税込)

装幀

カバー/22世紀アート

デザイン/22世紀アート


発行形態:電子書籍

ジャンル:



クラムボンは、なぜ笑ったのか? 宮澤賢治の童話作品『やまなし』を読み解く——

宮澤賢治の童話の中でも、特に作者の意図を捉えるのが難しい『やまなし』。その作品の一文ずつに丁寧に解説・考察を加え、読み解く手掛かりを与えてくれるのが本書である。

小学校の国語の教科書でもおなじみの作品のため、教員の教材研究書として、そして子どもを育てるお父さんお母さんの子育てにも活用できる、公私ともに役立つ一冊。

 

著書プロフィール


繁田 興司(しげた・こうじ)

昭和23年岐阜県で出生

立命館大卒業後教職を目指す

昭和50年京都市立小学校教諭として採用される

平成元年から平成4年まで永松記念教育C指導主事(道徳、特別活動担当)

平成9年から平成12年まで地域教育専門主事室専門主事

平成12年から平成21年まで京都市立小学校にて勤務

平成13年から平成17年まで京都市小学校道徳教育研究会会長

平成21年3月退職

平成21年4月から平成24年3月まで「ふれあいの杜」学習室長

 

平成24年3月退職 現在に至る


関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0