希望する人の夢:「エスペラント」「将棋」「図書館」に愛を込めて

上田 友彦/著

発売日:2019/10/30

700円(税込)

発行形態:Kindle版



商品解説


「エスペラント、将棋、図書館(学)は私の中ではつながっているのです。時にはほとんど重なり合うことさえあります。(中略)この書は広く一般の方、とくにエスペラントや図書館のことに馴染みのない方々が直接手に取って読んでいただくことを願って企画したものです。」(本書「はじめの言葉」より)

 

幼い頃から将棋を愛し、40年以上図書館の仕事に携わり、2013年に日本エスペラント協会終身会員となった著者が、「エスペラント(国際共通語)」「将棋」「図書館」の基本的情報と魅力を語った一冊。「Ⅰ 地球語を広める」では大学における国際語教育の理念と現状や著者のエスペラント人生などについて語り、「Ⅱ 将棋を楽しむ」では自身の体験ほか自著を紹介する。そして「Ⅲ 図書館を考える」では図書館の利便性向上のための一考察がまとめられている。

著書プロフィール


上田 友彦(うえだ・ともひこ)

1936 奈良県生まれ

1960 大阪大学文学部卒

1960 大阪府立図書館司書

1969 国立図書館短期大学(現筑波大学に吸収合併)助手

1972 兵庫県立図書館司書(武庫川女子大学非常勤講師兼務3年)

1984 昭和女子大学図書館学課程(図書館司書資格取得コース)助教授、 教授 2003 同大学退職 名誉教授

1984 エスペラント独習開始 日本エスペラント学会(現日本エスペラント 協会)会員

1995 エスペラント将棋クラブ設立 会長 2013 日本エスペラント協会終身会員

2003 公益社団法人日本将棋連盟公認将棋指導員5段

2006 やまとこおりやま子ども将棋教室主宰 出生地の奈良県に戻る

2017 『あるエスペランチストの夢 エスペラントで発信する「将棋」「図 書館」の世界』出版(文芸社 編集 発行)

現在 将棋5段、世界エスペラント協会将棋専門代表 エスペラント将棋クラブ会長

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0