平将門の叔父: 他三編

太田 悠/著

発売日:2019/5/8

500円(税込)

発行形態:Kindle版



商品解説

「お前は何を考えて戦っているのじゃ、正義を越した戦は無法な侵略に過ぎない。領民を多数殺害した罪は許されない」(本文より)平将門の叔父にあたる平安時代中期の武将・平良文の視点から戦乱の世を描いた表題作「平将門の叔父」、佐渡島の金鉱石(黄金の花)に夢を馳せていた能登国の鉱夫長・村瀬源三の悲劇的な末路で幕を閉じる「黄金の花」、他2編を収録——精緻な筆致で描き出した読み応えのある短編歴史小説集!

著書プロフィール


 太田 悠(おおた・ゆう)

1934年兵庫県生まれ。関西大学中退。

公務員生活後に執筆活動に入り、2004年に「おふくろの味」で文芸思潮社の第1回銀華文学奨励賞を受ける

 

主な著書

『揺れる幻影』『あなたと二人旅』

『赤い絆』『虚像のひとり歩き』などがある

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0