幽玄の美を生き、その魂を象る:西野定夫能面作品集

西野 定夫 / 著

発売日:2021/4/9

1,250円(税込)

発行形態:電子書籍



商品解説


[商品について]

―終わりのない奥深い世界―

創造のエネルギーに満ち、役柄、曲柄にふさわしい能面が創造され、優れた面打が輩出した能が世阿弥の時代。その「写し」としての能面は、室町時代より伝わる数多くの作品に、現代の我々が如何に迫ることが出来るかが肝要である。

本書は、その面の世界に入って三十年余り、師匠や多くの仲間に恵まれながら歩んできた「面打ち」の道を、これまでの作品によってまとめた渾身の作品集である。

 

[目次]

発刊に寄せて

小姫

小面(壱)

小面(弐)

小面(参)

小面(四)

若女(壱)

若女(弐)

若い女

節木増

増女(壱)

増女(弐)

増女(参)

増女(四)

孫次郎(壱)

孫次郎(弐)

逆髪

深井

ほか

 

[出版社からのコメント]

能楽の重要な要素である能面について、私たちの実生活の中で、作品をじっくりと眺める機会というのはそれほど多くはありません。「写し」の中で作家たちが追究ししのぎを削ってきた独特の美しさを、ぜひじっくりと味わっていただければ嬉しく思います。

著書プロフィール


[著者プロフィール]

1937年、埼玉県川口市に生まれる。

高校卒業後、東京芝浦電気(株)に入社、その後(株)ビジネス・イングリッシュ・センターを経て、能面師田島満春氏に師事。

53歳からよみうり文化センター千葉、東京、埼玉、茨城並びに(株)カルチャー等で「面打ち」の指導に当たる。

1998年「面姿会」を立ち上げる。

1995年~2014年 浅草公会堂、そごう、川口リリア、京都「嶋臺」、浦川会、かつしかシンフォニーホール「日本の面展」等で20回余りのグループ展示発表会を実施し現在に至る。

2003年  横浜能楽堂能面公募展にて「増女」が入賞。

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0