応用英語学の研究【電子書籍版】: 関連諸分野からの発想 

中田 康行/著

発売日:2019/5/9

1,000円(税込)

発行形態:Kindle版



商品解説

「「なぜ英語学を学ぶのか.」この質問は「なぜ英語(あるいは言語)を学ぶのか.」という質問に置き換えても良いくらい重大な,しかも社会生活を営む人間にとって極めて基本的・かつ根本的な疑問だと言っても良い.」(本文より)本書は、英語学・言語学といった学問領域のさらなる理解のために、その全体像の把握と英語学(言語学)と関連諸分野との関係性の明瞭化に取り組んだ言語学研究書。「なぜ英語学を学ぶのか」「「語用論」と「談話分析」」「現代の言語研究」など計9章で構成。英語教師、英語の専攻生、英語(言語)に興味を抱いている方々に向けた、知的好奇心を刺激する一冊。

著書プロフィール


 中田 康行(なかた・やすゆき)

1949生まれ。同志社大学大学院修了(MA)、ロンドン大学大学院修了(Associate)。梅花女子大学、長崎大学助教授、三重大学教授を経て、現在芦屋大学教授。ケンブリッジ大学客員研究員(Hughes Hall)。

 

主要著訳書

Fundamentals of college English grammar(三修社、1987年)、Language Acquisition and Engliah Education in Japan(晃洋書房、1990年)、『学校文法から始める英語学』(晃洋書房、1994年)、British Memories(大阪教育図書、1994年)、『応用英語学の研究』(晃洋書房、1997年)、『英語学の基礎』(晃洋書房、1997年)、『英語上達法』(大学教育出版、2007年)、『英語実践力獲得への道』(大学教育出版、2016年)、

『アングロ=サクソン人』(晃洋書房、1983年/原著 David Wilson, the anglo-Saxons (Penguin))、『言語学概説』(南雲堂、1991年/原著 David Crystal, Linguistics (Penguin))

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0