朔北の建物浪漫 − 松野郷俊弘 木版画文集

松野郷 俊弘 / 著

発売日:2019/12/22

700円(税込)

発行形態:電子書籍



商品解説


木版画でたどる近代建築の旅

 

「明治、大正から昭和の初期にかけて建築された、いわば近代建築に属する建物(中略)そこにはそれを建てた時代の棟梁や大工、その他の職人の手仕事の成果や、画一化されないそれぞれの個性があり、その建物にかかわってきた人々の夢とロマンがある」(あとがき)

室蘭駅、日本銀行小樽支店、住ノ江カトリック教会――北海道各地の68のレトロ建築を、暖かみのある木版画とともに紹介する画文集。

街歩きや北海道旅行に連れていきたい一冊。

著書プロフィール


松野郷 俊弘(まつのごう・としひろ)

昭和8年8月12日 上富良野町生まれ。

詩集「蒼い魚」「風」。

北海道詩人協会、旭川詩人クラブ会員。

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0