正しい信仰と実践: 「本来の神概念」の考察

吉久 治之/著

発売日:2019/11/26

500円(税込)

発行形態:電子書籍



商品解説


神とは何か?

正しい信仰とは何か?

その実践とは何か?

 

「ありのままの現実を神の理によるものとして受容しつつも、そこに安住したり、諦めたりするのではなく、常に摂理を求め、不断に祈り続けることにより、新しい途の開ける可能性を探り、摂理に沿って生きること、それによって日々明日への希望が湧いてくること、この繰り返しが人生である。」(本文より)

前著『神と人に関する基本的考察』で既存宗教を超えた独創的な宗教観を提示した作者が、現代の宗教・思想の閉塞状況を受け、「本来の神概念」を明確化し、正しい信仰とその実践について論じた一冊。東大卒・法曹の作者がたどり着いた、新たな段階への扉が、いま開かれる—

 

【目次】

はじめに

第1 永遠と神

第2 神概念と既成宗教についての概観

第3 「神の国」について

第4 神の理と神についての認識

第5 神の理と摂理

第6 摂理の内容についての具体的検討

第7 摂理の体得

第8 摂理の実践

おわりに 

著書プロフィール


吉久 治之(よしひさ・はるゆき)

昭和20年(1945年)、香川県に生まれる

東京大学法学部卒

弁護士

東京在住

著書に『神と人に関する基本的考察 既成宗教の終焉』(2014年、文芸社)『正しい信仰と実践』(2018年、文芸社)『釈迦のさとり』(2019年、文芸社)『神と人に関する基本的考察 既存宗教を超える試み(電子書籍)』(2019年、22世紀アート) がある

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0