病気の隣にやさしさがある: 闘病ではない慢性病体験記

髙谷 修 / 著

発売日:2019/12/9

1,250円(税込)

発行形態:電子書籍



商品解説


苦難を“力”に変える方法がここにある‼

「人生には苦しいことや悲しいことがたくさんあります。しかし、この苦難に意味をみつけ出すと、生きる力や勇気が湧いてきます。これから、苦難の意味づけの旅へご案内致します。」(本書「はじめに」より)

5歳の頃に、手足を動かすとすぐに疲れ力が入らなくなる病気「重症筋無力症」を発症した著者が、病気と闘ってきた30年を綴り、病ある者の心の変化や苦難の意味、生きる力や勇気を説いた一冊。

著書プロフィール


髙谷 修(たかや・おさむ)

1948年8月18日北海道瀬棚郡北桧山町生まれ。5歳の時に重症筋無力症を発症し、自然寛解する。21歳の時に重症筋無力症を再発し、治療を続け現在に至る。通信教育で、玉川大学教育学科と佛教大学社会福祉学科を卒業。私立小学校に七年間勤務。佛教大学大学院教育学部修了修士。京都市左京区在住

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0