詩集 タダ、仏陀とその隣人だけが歩んでいた

塩田 冬彦 / 著

発売日:2019/12/13

870円(税込)

発行形態:電子書籍



商品解説


「すべての生キトシ生ケルモノが、長劫の輪廻を彷徨っていたが、

しかしながら全世界は、たった今生じたばかりだった、

その山奥の椎の巨木は、今、存在の端緒についたばかりであった、

(おお、尊きシッダールタ、 また風に揺すれ‥‥)」(本書より)

 

伊豆諸島・三宅島で、スピノザや仏教を研究する作者による初の詩集。

孤独な求道の先にあるものとは―。

仏教思想と哲学的思索に支えられた、唯一無二の内面世界がここに。

著書プロフィール


塩田 冬彦(しおた・ふゆひこ)

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0