詩集 小名木川: 私の生の証

島田 紀孝 /著

発売日:2019年2月18日

1,000円(税込)

装幀

カバー/22世紀アート

デザイン/22世紀アート


発行形態:電子書籍

ジャンル:文学・文芸



瞳を閉じて、耳をすませば、言葉のせせらぎ――

盲人の詩人・島田紀孝が送る、東京深川“小名木川”への思いを綴ったノスタルジックな詩集。 

「誰も皆 黙って通り過ぎて行く 鉄錆色の夕暮れを 少しずつ 心に持ちながら——」(「其ノ十六 小名木川」より) 

万年橋や番所橋、東深川橋など、小名木川に架かる橋やその周辺風景を繊細な筆致で描いた、著者渾身の一冊!!

著書プロフィール


島田 紀孝(しまだ・のりたか)

1940年 旧満州国新京に生まれる。

1983年 失明

詩集に「浅利売りの来る町」「信濃の風」「受手夢」「草の連鎖」「タルタロス」。

エッセイ集に「句のある風景・遠花火」「かみさんと猫たち」。

紀行文に「奥羽本線夏紀行」がある。

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0