詩集 風

松野郷 俊弘 /著

発売日:2019年2月25日

700円(税込)

装幀

カバー/22世紀アート

デザイン/22世紀アート


発行形態:電子書籍

ジャンル:文学・文芸



空のない朝/女は とおい異国の/枯れた葡萄の畠を踏みしめながら/風をつれて/気まぐれな旅に出る「私は少年の頃からそうであったように、人生の半ばを過ぎてしまった今でも、風が好きだ。それも、凍原の葦の群生や不毛の大地の、枯骨の森を吹きぬける、あの膚を刺す朔北の風の匂いが——」(本書「あとがき」より)朔北の地を舞台に、刻々と変化する自身の心象風景を歌いあげた詩集——吹き抜ける風のように、移ろいゆく心の細部が共鳴する。

著書プロフィール


松野郷 俊弘(まつのごう・としひろ)

1933年8月北海道空知郡上富良野町生れ

1957年5月詩集「蒼い魚」刊行

北海道詩人協会々員

詩誌「情緒」同人

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0