随筆 心の眼で世を見通す

渡部 平吾/著

発売日:2019年1月22日

600円(税込)

装幀

カバー/22世紀アート

デザイン/22世紀アート


発行形態:電子書籍

ジャンル:文学・文芸



原発、オリンピック、人工知能(AI)、政治など—世の中の「変」をぶった切る‼

 

本書は、世の中に溢れる問題(社会問題から身近な問題まで)を歯に衣着せぬ言葉で一刀両断するエッセイ集。「オリンピックは世界の親善友好になっていないのでは?」「日本人の若者はなぜいつまでも結婚しないのだ」など、私たちが思っていてもなかなか声に出して言えないことを、ズバッと書き記した一冊‼ 「オリンピック、万博、リニアモーターか、クレイジーだよ。」(本文より)

著書プロフィール


渡部 平吾(わたなべ・へいご)

昭和20年4月9日生まれ

群馬大学学芸学部卒業

埼玉県所沢市立山口小学校勤務(1年)

群馬県内高校勤務(20年)

コスモス福祉会理事長(5年)

北部県民生協常任理事(8年)

社会福祉法人平和福祉会理事長兼各施設長

○パンジー保育園分園子育て支援センター(メダカクラブ)

○わかば児童館、あかしあ学童館

○有料老人サービスセンター(なかま)、薬湯(こころ)

○渋川健全遊び場(なかよし)

毎日新聞郷土提言賞優秀賞

吾妻町ふるさと論文優秀賞

[著書]

『現代子ども環境』(みずち書房、1991)

『マルを描けない子供たち』(上毛新聞社、1996)

『飛び出せ!お父さん』(文芸社、1999)

『社会に立てない若者』(文芸社、2001)

『新 保育園物語』(文芸社、2002)

『こんな日本にどうしてなったのか』(ごま書房、2003)

『子どもの心を育てる学童保育と児童館』(ごま書房、2004)

『日本社会崩壊のシグナル』(文芸社、2008)

『底なしの教育腐敗』(ごま書房新社、2010)

『世界一ダメになった日本人の子育て』(ごま書房新社、2011)

『青い川 上・下』(ごま書房新社、2012)

『子どもの心を育てる学童保育と児童館』(ごま書房新社、2013)

『社会人へのパスポート』(ごま書房新社、2013)

『誰でもわかる新エネルギーの話』(ごま書房新社、2014)

『子どもは遊びの天才』(ごま書房新社、2015)

『どうして日本人はこんなにバカになったのか 誰が? なぜ?』(文芸社 2015)

『詩集 エメラルドグリーンの湧水』(文芸社、2017)

 


関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0