夢窓と兼好: 定めなきこそいみじけれ

久米宏毅/著

発売日:2019/5/29

500円(税込)

発行形態:Kindle版



商品解説

後醍醐天皇や足利尊氏から精神の師と仰がれた国師・夢窓疎石。『徒然草』の作者として知られ、和歌四天王の一人と称される歌人・卜部兼好。鎌倉時代の賢人たちの幻の対談。美しい嵯峨嵐山の四季を背景に、人生の深遠な真理を語らう。彼らが悟りに至るまでの道筋と思想を和歌とともに綴った歴史小説。

「欲を手放すこと」「自分の心を知ること」「死を忘れずに今を生きること」

現代社会に生きる我々の悩みをほぐしていくような、鎌倉仏教のおしえが詰まった一冊。

 

「人間の真理を悟ってしまえば、元来、生死の相(すがた)もないことがわかります。正にこれこそ真実(まこと)の延命(ながいき)の方法です。また、禍(わざわい)の相(ありさま)も見ません。これぞ真実の無事平穏です」(本書より)

 

著書プロフィール


 久米 宏毅(くめ・ひろき)

1945年三重県津市に生まれる

北海道大学卒業

社会福祉法人実践理事長

著書『花と緑のボランティア』北斗出版

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0