全国学校図書館協議会へ書籍の推薦


全国学校図書館協議会とは

 


今日、学校図書館は様々な資料・情報の活用を通して子どもたちの「自ら学ぶ力」をはぐくむ活動の拠点(学習・情報センター機能)、読書を通して子どもたちの豊かな人間性をはぐくむ活動の拠点(読書センター機能)として、その役割が大いに期待されています。公益社団法人全国学校図書館協議会(Japan School Library Association 略称=全国SLA)は、各都道府県の学校図書館研究団体(各県SLA)と協力して、学校図書館の充実発展と青少年読書の振興を図るために様々な活動を行っています。

全国学校図書館協議会選定図書


 全国学校図書館協議会は、1951年より学校図書館向きの図書の選定事業を行っています。現在、1年間に出版される図書の点数は、およそ8万点を越えていますので、各学校図書館がその中から学校図書館向きの図書を選ぶには、大変な困難が伴います。

 そこで、全国学校図書館協議会では、学校図書館に適した図書を選定し、機関誌『学校図書館速報版』で発表しています。各学校図書館は、この「速報版」に掲載されている図書、自校の教育課程、学校図書館の蔵書数、蔵書構成等を考慮して、購入する図書を選定します。

 この図書の選定は、月2回開く選定委員会の会議で行います。選定は、選定委員に委嘱された小学校、中学校、高等学校、大学の教員、学校図書館研究者、学識経験者の方々が行います。選定は、「全国学校図書館協議会図書選定基準」に基づいて、1冊の図書につき、複数の選定委員の推薦を受けますと、選定に合格になります。毎年、およそ7千点前後の図書が「選定図書」として選ばれています。

この選定の有効期間は5年間です。

皆さまの書籍を「全国学校図書館協議会選定図書」に推薦致します。


 22世紀アートにて、全国学校図書館協議会選定図書に相応しい内容であるかどうかを審査させて頂きます。次に全国学校図書館協議会さまへ選定図書として審査して頂くよう推薦、ご提案をさせて頂きます。

  全国学校図書館協議会さまの審査(約1ヶ月)を通過致しましたら、「選定図書」として、全国学校図書館協議会の機関誌『学校図書館速報版』に書籍が掲載され、全国の学校へご案内されます。この選定の有効期間は5年間となります。