国立国会図書館(東京本館・関西館)への寄贈


国立国会図書館とは


 国立国会図書館は、昭和23年(1948年)に設立された国会に属する図書館です。国会法第130条の「議員の調査研究に資するため、別に定める法律により、国会に国立国会図書館を置く」の規定にもとづき、国立国会図書館法により設置されています。

 

 国立国会図書館法は、前文で「真理がわれらを自由にするという確信に立って、憲法の誓約する日本の民主化と世界平和とに寄与することを使命として、ここに設立される」と設立の使命をうたい、第2条には「図書及びその他の図書館資料を蒐集し、国会議員の職務の遂行に資するとともに、行政及び司法の各部門に対し、更に日本国民に対し、この法律に規定する図書館奉仕を提供する」と、その役割を定めています。

国立国会図書館への納本


 国立国会図書館に納本いただくと、その書誌データが「全国書誌データ提供」として国立国会図書館オンライン等で検索できるようになります。また、図書館資料として広く利用されるとともに、国民共有の文化的資産として永く保存され、日本国民の知的活動の記録として後世に継承されます。

皆さまの書籍を国立国会図書館に寄贈致します。


国立国会図書館の東京本館・関西館へそれぞれ1冊ずつ寄贈依頼を行います。

寄贈が受理されましたら、担当者より作家さまへご連絡いたします。