河の流れは風を呼び、風は韻を奏でる。

その河辺に生れ育ち暮れて骨を埋める私である。

大河の風 : 本田まもる歌集

本田 まもる/著

発売日:2017年11月27日

1,000円(税込)

装幀

カバー/22世紀アート

デザイン/22世紀アート


発行形態:電子書籍

ジャンル:文学



ー本文よりー

歌集名『大河の風』の元歌は平成二十六年四月、第三十五回西行祭短歌大会への応募作品。

 

 生きている、大河のほとりでうた詠みてなお生きゆかん七十路八十路

 

本大会の選者小池光先生が秀詠歌として選んで下さり、遠く岩手県・中尊寺まで賞状を受取りに出掛けた思い出の歌。

この時の選者評として「日本には本当の意味での大河はない」とのこと。

それには納得するものの、ここでは一般的な解釈で「大きな河」吉野川とご理解頂きたい。

自宅の北方数百メートルの地点には大河・吉野川は今も変わることなく悠久の流れを湛えている。

河の流れは風を呼び、風は韻を奏でる。

その河辺に生れ育ち暮れて骨を埋める私である。

著書プロフィール


本田 まもる(ほんだ まもる)

 

徳島市生まれ。

徳島農業高校(現城西高校)卒業。

日本大学(通信制)卒業を記念して短歌を始める。

郷土結社「徳島短歌連盟」入会。

編集委員。

徳島短歌賞受賞。

第六代「徳島短歌」代表、現在顧問。

徳島市文化協会副会長、徳島老友新聞歌壇選者。

 

歌集

平成9年 第一歌集『沃野の風』出版。

平成21年 第二歌集『棚田の風』出版。


関連商品



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0