憎悪と報復の塊根、轟玲香と稲葉殿子の二人を主に繰り広げられる物語。

月の狂想曲

三田 薫子/著 

発売日:2017年9月20日

300円(税込)

装幀

カバー/22世紀アート

デザイン/22世紀アート


発行形態:電子書籍

ジャンル:文学



 物語に登場する、それぞれ違ったタイプの轟玲香と稲葉殿子。

 

 二人は向き合えば、些細な行き違いやボタンの掛け違いから、事が縺れて諍いの種を生む。放って置けば、小さな種はこぼれて地にはびこり、やがて憎悪と報復の塊根となって太り、そこから茎を伸ばし、枝葉を広げることにもなりかねない。

 国家レベルとなれば、国籍、政治、経済、宗教、思想の違いなどから行き違って衝突。ついには核を含む武力でもって戦争を引き起こし、民族滅亡にまで至らしめる。そうなれば、恨み辛みは骨髄まで。先祖代々、重複して引き継がれ、後世に報復といった反逆精神を増殖させてしまおう…。

著書プロフィール


三田薫子(みたかおるこ)

 

金沢市在住。水瓶座生まれ。

 

著書に「女の手取川」三部作、「串の女」「桜草子」「女恋坂」「花結び川」「母胎回帰」ほか多数。

 

創作に月刊北國アクタス連載の長編時代小説「女人天華」がある。

1990年、建設省の「水辺の未来の夢」と「夢ロード21」論文でともに大臣賞を受賞。その賞金でオーケストラ・アンサンブル金沢による交響曲「川」四部作ができる。

 

日本ペンクラブ会員

日本河川協会会員


関連商品




書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0