焼酎一酔千楽: 酒もいろいろ、人もいろいろ

鮫島 吉廣/著

発売日:2019年3月24日

900円(税込)

装幀

カバー/22世紀アート

デザイン/22世紀アート


発行形態:電子書籍

ジャンル:教養



酒に酔い、人に酔い、一酔千楽の世界を歩む——

「焼酎を通じて芋づる式に人の輪が広がり、百見は一飲にしかず、まさに一酔千楽の世界が広がる。焼酎で乾杯ではなく、焼酎に乾杯!」(本書「あとがき」より)長年、様々な形で焼酎に関わってきた著者が綴る、焼酎にまつわる72の話! 焼酎の秘話やウンチク、体験まで幅広く扱った焼酎愛好家必携のエッセイ! 名文から漂う焼酎の香りが、面白く楽しく酔わせてくれる一冊! 

著書プロフィール


鮫島 吉廣(さめしま・よしひろ)

1947年鹿児島県南さつま市(旧加世田市)生まれ、1967年ラ・サール高校卒業、1971年京都大学農学部食品工学科卒業、ニッカウヰスキー(株)を経て1976年薩摩酒造(株)入社、1991年同社常務取締役研究所長兼製造部長、2001年からサザングリーン協同組合代表理事組合長兼任(2006年退職)、2006年鹿児島大学農学部焼酎学講座特任教授、2011年鹿児島大学農学部附属焼酎・発酵学教育研究センター教授(2013年退官)、2009年から放送大学客員教授、2013年から中国四川大学錦江学院客員教授。「焼酎文化芋づるの会」会長、日本応用糖質科学会九州支部長、本格焼酎技術研究会会長など務める。日本醸造協会技術賞、日本醸友会功労賞、蟹江松雄賞特別功労賞など受賞。

著書に「ダレヤメの肴」南日本新聞社(2000)、分担執筆に「焼酎の事典」三省堂(1985)、「焼酎製造技術」日本醸造協会(1991)、「鹿児島の本格焼酎」春苑堂出版(2000)、「発酵ハンドブック」共立出版(2001)、「サツマイモ事典」(財)いも類振興協会(2010)、「発酵食品学」講談社(2012)、「薩摩の歴史と文化」早稲田大学日本地域文化研究所編、行人社、(2013)など。

趣味は、詩吟(詩吟朗詠錦城流総伝師範)。

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0