近代日本画、産声のとき: 天心、大観、春草の挑戦

児島 孝/著

発売日:2019/6/17

1,000円(税込)

発行形態:Kindle版



商品解説

いかにして近代日本画は生まれたのか――岡倉天心、横山大観、菱田春草らの挑戦。

「この本は三人の気骨ある明治人がなし遂げた「日本画の革命」の軌跡を追っかけた報告である」(あとがきより)

西洋化の波が押し寄せた明治時代。伝統的な日本の美を守りながら、新しい日本画の創造を目指した天才たち。世間の批判や怪文書騒動、経済的困窮――苦境のなかで追い続けた美と理想とは……。日本画壇の巨匠たちの足跡を追った一冊。

著書プロフィール


 児島 孝(こじまたかし)

一九三五年、京都市生まれ。

一九五八年、同志社大学経済学部卒業。新聞記者を経て、一九六三年からフリーライター。主に社史の編集・執筆にあたる。

一九九三年から香雲流主宰。

 

一九九六年、『数奇と呼ぶ日本の文化革命──利休と織部の死の裏に潜む意外な史実』で,宇治市主催の第5回紫式部市民文化賞。

一九九七年、『利休はなぜ切腹に追い込まれたか』久田宗也監修・西村豁通編『京のかくれ話』所収(同朋舎出版)

二〇〇四年、『近代日本画、産声のとき―岡倉天心と横山大観、菱田春草』(思文閣出版)

二〇〇六年、右記受賞作を『数奇の革命―利休と織部の死』と改題刊行(思文閣出版)

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0