重力の探求: 地球から宇宙へ

梶山 明寿/著

発売日:2019/7/15

 1,200円(税込)

発行形態:Kindle版



商品解説

人類を地球から解放するために——“重力”という深遠なる謎に迫る。
「これは私の数十年にわたるライフワークの結果を、まとめたものである。即ちそれは重力の謎を解こうという、だいそれた計画であって、とても私のような者に出来ることとは思えなかったが、重力の原因については、ある程度納得のいく結果が得られたと思われたので、本にしようと思い立ったしだいである。」(本書「前書き」より)
学界とは無縁の独学研究者が「物質が時間軸空間を伝播する光(物質光子)であり、従って「質量」というのは、物質光子の持つ運動量(時間軸運動量)のことである」「空間が共振回路であり、光子は空間中に作られた定在円電流である」という2つの仮説(前提)をもとに、重力の本質に迫り、その謎を明らかにしようと試みた意欲作。

著書プロフィール


梶山 明寿(かじやま・めいじゅ)

1944 年東京生まれ。

28年間に及ぶコンピュ ータ・ハー ドウェアの技術者、 12年間の土木計測技師を歴任。 2007年に、「 重力の謎の解明」を出版。(本書と、 内容的には全く同じだが、電子版ではなく、紙による製本である。また、電子版の本書の場合は、「重力の探究」と改題のほか、付録や、 あとがき等、 ほんの少し追加、 変更がある。)

現在、 放送大学に、 約25年に及び在学中。(既に3回卒業)

1男2女の家庭で、 趣味多彩。(ちなみに本書の表紙に使われている銀河の絵は、 作者の 作品である)

関連書籍



書籍へのコメントはこちらからどうぞ

コメント: 0