\今日のマメ知識13/

「緑色なのに黒板の理由」

 

 

黒板(こくばん)は、連絡事項あるいは伝達事項を記入もしくは掲示によって表示する器具。

教室の中の代名詞的な存在ですよね。

 

 

文字や絵を繰り返し書いたり消したりできる便利なもの。

学校だけではなく企業の事務所などでも使われています。

黒板という名称は、英語の blackboard の直訳によるもの。

だから緑色だけど「黒板」なんですね。

 

 

ちなみに日本へはアメリカから伝えられたが、アメリカへはフランス人が伝えたそうです。

 

 

《新刊紹介》

「高校生の山河:生徒自治に挑んだ農林高校の記録(岩渕 国雄/著)

 

 

そこはさながら教育の荒野だった。

暴走族の影が学校を多い生徒たちの表情は死んでいた。

だがいまー彼らは瞳をあげ歩みはじめた。

朝焼けに向かう高校生の長い列。

彼らを突き動かした力は何かー。

生徒自身による自治を促すミックスホームルーム。

その運営により子供達の立ちなおる姿を描く。

 

22世紀アートでは、今後も有力な情報を発信してまいります!