「歯ならび」アンチエイジング:歯科医が教える、人生を変える「矯正治療」の話

(著) 上里聡

Amazon

作品詳細

[商品について]
―歯は、ときに人生も左右する―

人の第一印象を大きく左右する「歯ならび」は、食事をおいしく食べたり、笑顔を美しくするだけでなく、実は加齢スピードを抑制するということをご存知でしょうか。
本書は、歯科医師として長年矯正歯科治療に携わってきた著者が、「歯ならび」がアンチエイジングに関わる理由や最新の治療法、さらに実際に「歯ならび」を矯正した体験談など、さまざまな角度から矯正歯科治療について分かりやすく解説するとともに、いま最も注目を集めている最新の「マウスピース矯正治療」についても紹介した作品です。また2010年に出版された本書の改訂前の『歯ならびで私を変える。世界も変わる。―「矯正治療」は、アンチエイジングへの鍵』ではインビザラインが患者用にと現在の治療を予言していました。
これから矯正治療をしようと考えている方はもちろん、美しい「歯ならび」と健康的な生活を手に入れたいと願う全ての方々にも参考にしていただける内容となっています。

[目次]
はじめに
第1章 歯ならびからはじめるアンチエイジング
アンチエイジングとは何なのか
歳をとりにくい生活環境に自分を置くことが大切
矯正歯科治療はアンチエイジング
「食べる」ことが一番大切です
歯ならびは早く治した方が良いでしょう。なぜ?
エイジング(加齢)から逃れることはできません
第2章 矯正歯科治療をしたいのにしたくない! なぜ?
将来に大きなメリットが得られること
歯ならびが悪くても、「痛まない」から
矯正歯科治療は保険が使えない
専門医同士の連携によるインターディシプリナリー治療
矯正装置は恥ずかしい?
えっ、なぜ歯を抜かないといけないの?
矯正装置の装着時間と治療期間について
心理的なストレスについて
矯正歯科治療で得られること
第3章 矯正歯科治療ってどんな治療?
矯正歯科治療を知ることで、正しい知識を
金属のボタンを歯に接着する
カラフルに矯正歯科治療を楽しむ
痛みなどを軽減する材料の発達
白い矯正装置 透明な矯正装置
慣れるしかない装着の違和感
矯正装置の構成について
見えない矯正装置の必要性
第4章 矯正歯科治療でキレイになれる! 健康になれる!
顔の表情が良くなり、からだと心が健康になる
矯正歯科治療をしていないと、いくらアンチエイジングをしていてもダメ
スマイルだけじゃない! 歯にとって良いこと
健康的な笑顔と口の周りについて
心とからだの健康について
第5章 矯正歯科衛生士・加奈の矯正体験記
笑顔いっぱい、本当に人生を変えてくれた矯正歯科治療
矯正歯科衛生士の実務、その勉強と現実
審美装置(白いブラケット)で約「1年間の矯正歯科治療を体験
銀色の矯正装置を2年間も付けることが不安でした
とても大変だった思い出
埋まっている歯を引っぱり出す
最後の微調整
装置がはずれる!!
ホームホワイトニング
オフィスホワイトニング
専門の先生のすごさ
治療を終えて
第6章 矯正歯科治療が短期間でできるって、ほんと?
治療期間を短縮する、装置の改良や外科的手法を採用
ダイレクトボンディングシステム
アーチワイヤー
セルフライゲーション装置
矯正用インプラント
超音波
コルチコトミー(皮質骨切り)
外科的矯正治療
サージカルアシスト
第7章 見えない矯正、マウスピース矯正治療!
見えない矯正装置、目立たない矯正装置
見えない矯正装置の種類
第8章 マウスピース矯正治療の良い点、劣っている点
気づかれずに治療を続けられるマウスピース矯正
見えない、痛くない、マウスピース矯正の優れた点
マウスピース矯正の欠点はあるの?
第9章 インビザラインって、どんな矯正治療?
見えない、目立たない、マウスピース型矯正装置
治療前に、すべての「アライナー」は一度に製造されます
「インビザライン」治療の流れ
「アライナー」はポリウレタン製で適度な強度があり、からだにも安全
一つの「アライナー」は2週間使用、装着時間は1日20時間以上
「アライナー」の装脱着について
アタッチメント
歯を削る IPR(Inter-Proximal Reduction)
エラスティックなどの補助装置の使用
部分的なマルチブラケットとの併用
ミッドコースコレクション
リファインメント
治療終了時の精密検査および診断
リテーナー(保定)
歯を抜いた場合の治療でも可能
第10章 ななこのインビザライン体験記
「インビザライン」は、アメリカ生まれの矯正装置
「いんびざらいん」って何語?
第11章 どこで受けたらいいのですか? 矯正歯科治療
矯正歯科を診療科目にしている歯科医院なら安心
おわりに
著者略歴
協力著者
編集協力者

[出版社からのコメント]
最近では歯ならびが体の不調の原因になるということが知られるようになってきていますが、歯の矯正というと金属の器具を長い時間装着する姿を思い浮かべて敬遠してしまう方も多いかも知れません。本書では、長年の治療現場での経験から、歯の矯正について、患者の立場から気になることが分かりやすく丁寧に解説されています。健康や歯ならびに少しでも関心のある方に手に取っていただければ嬉しく思います。

[著者略歴]
 上里 聡(こうざと さとし)

 1991年 香川県大手前高等学校卒
 1997年 愛知学院大学歯学部卒
 1997年 愛知学院大学歯学部歯科矯正学講座入局
 2003年 愛知学院大学大学院歯学研究科修了
 2003年 こうざと歯科・矯正歯科クリニック勤務
 2009年 こうざと矯正歯科クリニック院長
 2012年 医療法人社団ゆずか こうざと矯正歯科クリニック 理事長
 2017年 広島大学大学院医歯薬保健学研究院応用生命科学部門歯科矯正学研究生
 2019年 サクラデンタルホスピタル(スリランカ国)矯正歯科医
 2020年 ミュゼ矯正デンタルクリニック 監修医
 歯学博士 愛知学院大学非常勤講師 日本矯正歯科学会認定医 日本顎関節学会認定医
 日本顎咬合学会認定医 日本成人矯正歯科学会認定医
 歯科医療連携スタディグループSDC―Japan会員
 香川県立中央病院歯科口腔外科 嘱託歯科医師
 香川大学医学部附属病院 形成外科美容外科 非常勤歯科医師
 日本矯正歯科センター センター長
 日本臨床矯正歯科医会 中四国支部長
 日本IOBアライナー矯正歯科学会 理事
 バイオインテグレーション学会 評議員

 著書
 『頭蓋顎顔面領域における骨延長術』東京臨床出版
 『歯ならびで 自分を変える 世界も変わる。』ごま書房新社
 『4人の歯科医が教える歯科医療最前線』ごま書房新社
 『アンカースクリューを用いた矯正歯科臨床』東京臨床出版出版
 『6歳までの「ことばの遅れ」の不安が消える』現代書林

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載