「芸術小説」美で人生を謳歌

(著) 藤井善三郎

Amazon

作品詳細

「人生には、あらゆる分野で「技を極めた芸術」に接し、感性を高める必要があるという基本的な考えが、私の根柢にあり、本書は、主人公が博物館学芸員として業務し、成長する過程で、愛も芽生えるラブストーリーでもある。前作までと同様に、歌舞伎、オペラ、美術展鑑賞をしながら、情操豊かな人生を目指すのである。(中略)読んでいただいた方々が、若き日をなつかしく想い出し、夢を描いて日々を送られることを願う著者である。」(本書「出版にあたって」より) 

【著者プロフィール】
藤井 善三郎(ふじい・ぜんざぶろう)

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品