あかまなおしのエッセイさんぽ: 私の足は動く物差し

(著) 赤間直

Amazon

作品詳細

心のおもむくままに、今日も歩く。
「『散歩』には夢があるし、メルヘンを感じる。辞書でみると、『用事を持たずに気ままに歩く』とある。自分の性にピッタリである。人生を振り返ってみても、散歩に類似した点が多い」(本文より) 
ふらりと立ち寄った床屋、行きつけの飲み屋、転勤先の大阪、ふるさとの政宗公祭り、ゲーテの足跡を追うドイツ旅行――散歩を生きがいにしている作者が、自らの〈人生の旅〉を綴ったエッセイ集。何気ない日常をユーモアたっぷりに描いた「身辺雑感」、文学や芸術にまつわる随筆「文化の泉」、ふるさとや家族への思いを語る「家族のこと」の3部構成。
作者といっしょに思索の旅に出よう。

【著者プロフィール】
赤間 直(あかま・なおし)
1937年、宮城県生まれ。
現在、東京都在住。

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品