あきらめない脳卒中治療:急性期から在宅まで

(著) 藤原雄介

Amazon

作品詳細

あなたにとって脳卒中という病気はどんな病気ですか。
日頃からもう少し脳卒中という病気に関心をもってくれていれば・・・。この思いが積もりに積もって、本書を書く動機になりました。
医学の進歩の中でも、脳卒中は治療法が大きく前進している病気です。画像診断システムや治療機器の開発スピードも速く、日々、治療の可能性が大きく広がっています。そのぶん、医師としての知識も技量もレベルアップが要求されますが、やりがいも大きいと感じます。
脳卒中という病気を身近に感じてもらうためにどうすべきかをいちばん考え、私の専門領域である血管内治療の現状だけでなく、脳卒中の早期発見方法、倒れたときの救急対応、リハビリ効果、予防などについて平易に書くことを心がけました。
人生の主人公はあなた自身です。病気に振り回されないよう、本書を役立てていただければ幸いです。

※本書は、2022年12月にみずほ出版新社にて出版された著作を、22世紀アートより電子書籍発売したものとなります。

[著者プロフィール]
藤原 雄介

2009年 筑波大学医学専門学群医学類 卒業
2011年 筑波大学附属病院脳神経外科 入局
筑波メディカルセンター病院
2012年04月 日立総合病院
10月 筑波大学附属病院
2014年 独立行政法人国立病院機構
水戸医療センター
2017年 医療法人秀友会 札幌秀友会病院
2018年 病院医局長
2019年04月 法人副理事長
10月 病院副院長
2021年06月 法人理事長

日本脳神経外科学会 専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会 専門医
日本脳卒中学会 専門医
認知症サポート医

所属学会 日本脳神経外科学会
日本脳神経血管内治療学会
日本脳卒中学会
日本脳卒中の外科学会
日本脳神経外科コングレス
日本リハビリテーション医学会
日本頭痛学会

新刊情報

百折不撓

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報