えにし: 或る男の三十年

(著) 上杉辰

Amazon

作品詳細

人生は、七転び八起き——
「誰もが何らかの人生の傷を持ち、それを塩辛く舐めながら生きていると思えば、人間という生き物が愛しく思えてくる。」(本文より)
寒空の下、刑期を終えて数年ぶりに娑婆に出た、野村光夫。出所したはいいが、行く当てもなく、帰る所も迎えてくれる人もいない……しかし、一人の陶芸家との出会いが、彼の人生を大きく変える——曲がりなりにも精一杯、現実を生きる人間の、再生と成長の物語。

【著者プロフィール】
上杉 辰(うえすぎ・しん)(本名 穐山和壽)
人様に語るほどの経歴はございませんので、ご容赦ねがいます。

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品