わたしの理想国家: 国民を幸福にする憲法

(著) 粂川研二

Amazon

作品詳細

わたしの理想国家は、国民を幸福にする国家です——

「自由民主党は、現行のアメリカの押し付け憲法を若干手直しして新憲法草案をつくりました。しかし、私は、アメリカ等の西洋民主主義の考え方よりも優れた社会科学的な考え方に基づき、太平洋戦争のような愚かな国家行為の再発を防止し、賢明で、国民を幸福にする理想国家をつくるための新憲法私案を考えてみました。」(本書「はじめに」より)
 
理想の国家とはなにか? 国家と国民の関係とはなにか? 国の機関の構造とはなにか?
国民を幸福にするための国家をつくるために、国家の基本構造を定める法律「憲法」を、著者が自身の理想に基づき新たに作り直す。

21世紀の日本の理想的憲法を提示した、これまでにない一冊!


【目次】
はじめに
第一章 国の目的
 一 理想国家の条件
 二 国の目的
 三 国民の安全保障
 四 自由市場経済機構の経済活動の補完
 五 家族の役割の補完
第二章 国民の権利及び義務
 一 国民の権利
 二 国民の義務
 三 国家経営者の道徳性
第三章 国の機関
 一 政府の失敗
 二 政府の失敗の原因と再発防止対策
 三 国の機関
第四章 平成新憲法私案
おわりに

【著者プロフィール】
粂川研二(くめかわ・けんじ)
1935年 東京で生まれる
1959年 京都大学経済学部卒業
1959年 日本板硝子株式会社入社
1990年 日本板硝子株式会社退社
1990年以降 日本のあるべき姿を研究

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品