エッセイ 野鳥と歩んだ人生

(著) 中島愛治

Amazon

作品詳細

「身近な自然の魅力を五感でキャッチし、わくわくする。これが私の〈自然との会話〉。この楽しさを多くの人に知って欲しいと願い、三河湾周辺の自然環境に目を向けた日々を送ってきた」(本文より)
鳥の生態研究・保護活動を行う作者は、ライフワークとして自然便り「四季旬報」を月3回発行しつづけている。愛知・三河湾周辺の四季折々の自然の姿を、美しい写真とエッセイによっていきいきと描き出す。
この本を読んで自然を体験しよう。この本を持って自然の中へ出かけよう!

【著者プロフィール】
中島 愛治(なかしま・あいじ)
一九三四年 鳥取県青谷町養郷に生まれる
一九五六年 日本レイヨン宇治工場(現在ユニチカ)入社
一九八六年 朝霧緑の少年団団長に就任 現在に至る
      日本鳥類保護連盟会長より野生鳥獣保護功労者賞 受賞
一九九一年 京都府知事より緑化功労者賞 受賞
一九九一年 日本鳥類保護連盟専門委員に就任 現在に至る
一九九三年 京都府緑の少年団連絡会副会長に就任 現在に至る
一九九三年 環境庁長官賞 受賞
一九九三年 ゼンセン同盟会長より社会奉仕活動賞 受賞

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品