カンボジア号幻影:私の南アジア遊行録

(著) 恵原義之

Amazon

作品詳細

「波がどんどんと後方に流れていく。自分の人生もこの速さで流れ去っているのか。このまま行くとどこに流れ着くのだろうか……」(本文より)
初めての海外渡航。不安と情熱をのせて、いざ、出港!
1969年、インドを目指してフランス郵船カンボジア号に乗船した作者が、若き日の〈船と陸の旅〉を綴ったエッセイ。三頭船室に偶然居合わせた若者たちの群像。香港、タイ、アフガニスタン――異国での出会いと非日常的な体験の数々。飛行機では出会えない風景がここにある。あなたの旅情を誘う一冊。

【著者プロフィール】
恵原 義之(えばら・よしゆき)
1945年9月、鹿児島県奄美市生まれ。
大阪外国語大学(現大阪大学外国語学部)卒、早稲田大学ビジネス・スクール修了。
民間企業勤務。退職後、大学非常勤講師。横浜市在住。

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品