ガンを予防したい人、自分で治したい人のための大辞典ーーガンの真実から自然療法の実際まで

(著) 熊井三治

Amazon

作品詳細

[商品について]

―日本人はもっと長生きをする。ガンさえなければ―

ガンは一次元的な原因で生じる細菌やウイルス感染とは異なり、多次元的でかつ長い時間経過を要する病気である。しかし日本人はそのことを理解するどころか、ガンになったら手術をするか抗ガン剤を使えば良いと思っている人さえいる。ガンは社会構造や本人が持つ価値観、生活行動習慣、食事や自然環境と深い関わりがあるのであって、その意味ではガンの予防や治療は総合戦略の下になされなければならないーー依然として日本人の死因の上位を占めるガンという病について、ガンと心の関係からホリスティック医学、自然療法の実際まで、知っておくべきこと、理解しておくべきことを分かりやすく解説した日本時のためのガン大全。


[目次]

はじめに

序章

第一章 ガンの真実その遙かなる旅路

逆さ仏と働き盛りのガン

日本人の長い平均寿命のあやうさ

私はガンにならないという誤解

父ガンに死す

責任感と病気

医師への道

旅立ち

ガンと寄生虫とエオジン

多糖体と免疫

卒業

アングラ医術のメッカ東京へ

気功治療と太極拳

孝行息子と養子免疫療法

ガン専門医の妻がガンにかかったら

三種の神器

あるがままと従病

心療内科入門

バイオ(肉体)・サイコ(精神)・ソシオ(社会)・エコ(自然環境)

第二章 心の病としてのガン

善人は早死にする

C型性格よさようなら

プラス思考がガンを防ぐ

喪失体験とガン

バブル崩壊はガンを増加させる

怒りの抑圧がガンの引き金を引く

精神的ストレスと行動異常パターン

失われ行く日本社会の自然治癒力

失感情症と失体感症

ガンの逆時間療法

ガンの心理療法

自律訓練法とガンのニルヴァーナ療法

ガンのサイバネーション療法

心が遺伝子を操作する

ガンは時空の病

脱アイデンティティ(自己同一性)と自律的生き方

これが本当の超プラス思考

第三章 自然農法とホリスティック医学

増加する肺ガン

食糧輸入大国日本とポストハーベスト

あるイチゴ農家の嘆き

除草剤CNPと胆嚢ガン

森林伐採とペスト

隔年結実と柿

微量元素があなたを救う

秦の兵隊と小麦

ずぼら農法と小麦健康法

米はなぜ連作できるのか

誰でも作れるボカシ肥料

身土不二と医食同源

ガンの三大漢方と食養

腸内細菌で寿命が決まる

日本の食文化と発酵食品

小食のすすめと体内酵素

ホスピスにはプラスαがない

ホリスティック〝空間〟とは何か

ホリスティック医学の困難と矛盾

金の切れ目が命の切れ目

〝治療はあなたが決めること〟の無責任

ガン患者の社会復帰のポイント

第四章 ガンその予防と戦い最新情報

嫌煙家が怒る本当の理由

スポーツマンはSODをとれ

ガンを防ぐための一カ条

緑黄色野菜はガンを防ぐ

ビタミンCは本当にガンに効くのか

ビタミンEは強力な抗酸化物質

医師がすすめた油選びの罪

サルノコシカケとガン

女性のガンと食物繊維

味噌汁がガンに効く?

プロポリスは蜂が作る妙薬

生物濃縮は諸刃の剣

ガンの初乳療法

女性はなぜ男性より長生きするのか

ガンの血管新生を防止する物質

ガンの転移を防止する物質

水が変われば運命が変わる

天然ラドン温泉の熊井温泉発見

奇跡の玉川温泉

微量放射線のホルミシス効果

玉川温泉奇跡の北投石

本場台湾北投温泉に行く

ラドンだけではないトロンもある美鶴庵

ガン患者の一番人気の黒ニンニク

日本ミツバチの力

ガンを治す生物濃縮の功罪

日本茶とエピガロカテキンガレート

菜種油に救われて

終章

おわりに

参考文献

プロフィール


[担当からのコメント]

仕事や人間関係からくるストレス、乱れた食生活や生活習慣など、現代社会を生きる誰もがいつガンになってもおかしくありません。だからこそガンについて学び、理解しておく必要があります。そのための一助として、本書を多くの方にご活用いただければ嬉しく思います。


[著者プロフィール]

熊井三治(くまい みつはる)


1975年3月 鳥取大学医学部卒業

1975年4月 鳥取大学第内分泌内科

1977年4月 九州大学医学部心療内科

1978年4月 北九州市立小倉病院糖尿病病棟(現北九州医療センター糖尿病センター)勤務

1979年4月 天翠会松井病院内科勤務

1980年4月 九州大学心療内科

1981年4月 大川精神病院(現祥和会大川病院)勤務

1985年4月 朝日新聞西部本社診療所長・産業医

1989年4月 産業医科大学生態科学研究所非常勤講師

2000年1月 高須労働衛生コンサルタント所長、鞍手クリニック副院長。住友林業株式会社福岡産業医・心療内科産業医として損保ジャパン佐賀センター産業医・ナイキ鳥栖・北九州産業医

2017年4月 鞍手クリニック院長現在に至る


資格その他

日本心身医学会認定医、日本精神神経学会精神科専門医、日本精神神経学会精神科指導医、労働衛生コンサルタント、日本内科学会認定内科医、日本東洋医学会認定漢方専門医、日本気候物理学会認定温泉療法医、医学博士(糖代謝異常、九州大学にて取得)


共書

神経性食思不振症その病態と治療(医学書院)

症例に学ぶ心身医学Ⅰ(医歯薬出版)

テクノストレスとメンタルヘルス(通産資料調査会)

失感情症の時代を生きる(朝日新聞社)

K―F生活ストレス調査表(鞍手総合医学社)


主著

日本人は何故ガンで死ぬのか(三一書房)

心療内科産業医が語るストレス解体術(鞍手総合医学社)

誰もが分かる心療内科と精神科のお話し(鞍手総合医学社)

怒らないクスリ(小学館新書)

コロナ旋風と漢方家族(鞍手総合医学社)

新刊情報

読書感想文コンテスト

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

求人情報