コチドリの子育て:身近な生命の物語

(著) 春田行夫

Amazon

作品詳細

[商品について]
―小さな野鳥がしっかり子育て―
イカルチドリよりも一回り小さい渡り鳥で、眼の周りに「金色の輪」を持つコチドリは、古くから日本人に親しまれてきた。本書は、春になると繁殖のために飛来してくるコチドリの暮らしぶりと子育ての様子を、美しい写真と共に紹介した作品である。
日本の暑い夏の最中、立ったり座ったり、水で冷やしたり、時に不思議な声で威嚇したりしながら精いっぱい子育てをするコチドリの姿は、愛らしいだけでなく、生命の美しさに満ちている。この身近な命の物語を、ぜひ多くの方に見守っていただきたい。

[出版社からのコメント]
当たり前のことではありますが、私たちの身近な世界には多くの生きものが住んでいます。しかし時に私たちは、人間の都合を優先して、そうした生きものへと目を向けることを忘れてしまいがちです。
足もとの草むらにも命の芽吹きがある、そんな気持ちを本書を通じて感じていただければ嬉しく思います。

[著者プロフィール]
春田 行夫(はるた・いくお)
1939年 種子島に生まれる
1963年 関西学院大学卒業
高校教員となる(2000年定年退職)
写真歴
高校時代写真部を立ち上げ、写真を勉強
個展・グループ展多数
賞歴
JPS展銀賞(1997年)その他多数
『種子島海道』『セッカの子育て日記』
『イカルチドリの子育て』『オオヨシキリの子育て』など出版
その他、週刊誌・機関誌紙に写真提供
所属
日本自然科学写真協会員
ホームページ
htttp://www.eonet.ne.jp/̃haruta-hp/

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品