シナリオ『戦国延長戦』

(著) 興膳克彦

Amazon

作品詳細

「家康「お主はあの男の恐さが分かっておらぬ。あの男に十万の兵を与えてみよ、自由自在にまるで我が手足の如く操って、忽ち天下を取ってしまうわ」」(本文より)軍事的才能に優れ、秀吉・家康が最も警戒した九州の武将、日本史上最高の天才軍師と称される黒田如水(官兵衛)。彼の剃髪後の活躍を映画脚本の形式で描いたシナリオ文学! 史実に根差した設定と軽妙な筆致が読者の眼前に躍動する登場人物たちの姿を喚起する珠玉の一冊。

【著者プロフィール】
興膳克彦(こうぜん・かつひこ)
昭和17年1月8日、福岡県にて生まれる。
昭和35年、福岡県立修猷館高等学校卒業。
昭和30年、九州大学経済学部卒業。株式会社安川電機入社。
平成14年、定年退職のち、文筆活動に入る。
福岡県地方史研究会監事。九州文学同人。
主な著書に、『白黒騒動』(文芸社)

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品