ローマ騎士ルキウス・クラウディウス : または、恋愛の起源について【電子書籍版】

(著) 山田正章

Amazon

作品詳細

[商品について]
―動乱のローマで、騎士ルキウスがたどり着いた真実の生とは―
共和政末期、ポンペイウス派を一掃したカエサルの野心が渦巻くなかローマに戻った騎士ルキウス・クラウディウスは、殷賑の都で快楽と、哲学と、政治的思惑に身を浸して生きていた。しかしその日常の裏で密かに進んでいたカエサルの暗殺計画が実行され、国を揺るがす動乱の最中にルキウスは親しい友を失ってしまう。そして陰謀の魔の手は、ついにルキウス自身にも及ぶ――ひとりのローマ騎士を中心に多彩な愛や死、魂の交錯する生を描いた壮大な人間劇場、開幕。

[目次]
登場人物
関連地図
第一部
一 デマラトス・プロティスの饗宴
二 ときわ樫の木陰の酒宴
第二部
三 三月十五日、儀典会堂、そして、人々のその後
四 廃園に、蜜蜂の巣箱を置いて
関連年表
参考文献・出典一覧

[担当からのコメント]
ギリシャやローマの時代の歴史や思想は、遠く離れた時代であるにもかかわらず現代の私たちにも共感できるところが魅力です。本書では繁栄を極めたローマを血の通った生身の人間である登場人物たちが食べて、考えて、生きる、そんな臨場感を味わうことができます。ぜひご一読ください。

[著者プロフィール]
山田 正章(やまだ・まさあき)

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品