原発と核融合が日本を救う!:メディアの偏向・虚偽報道を超えて

(著) 長浜浩明

Amazon

作品詳細

[商品について]
―セシウム汚染の可能性がある輸入食品は叩かないのに、原発は叩くこの矛盾―
東日本大震災以降、放射線や原発に関してなされてきた様々な報道や議論の多くは、偏った情報と誤った知識を拡散させるだけでなく、放射線や原発に対する理解と判断を誤らせる元凶にもなってきた。地球環境やエネルギー問題など深刻な問題に直面しているいま、私たちは、そろそろ偏向報道の弊害から抜けだし、科学的で正しい知識に基づいて冷静に放射線と向き合う時期に来ている――「放射線を浴びるとガンになる」「放射線は微量であっても危険だ」など誤って広まった知見を科学的・論理的に検証しながら、原発やフクシマの教訓がもたらす未来を見据える、すべての日本人必読の書。

[目次]
はじめに
第1章 放射能泉でガンが治る!
1-1 ラドン温泉が満室
1-2 放射線の内外被曝で難病を治す
1-3 広島への核攻撃の実像を知る
第2章 マスコミが報じない専門家の証言
2-1 マスコミの偏向報道
2-2 本当に怖いのはマスコミの偏向報道
2-3 知っておきたい放射線のデマと真実
第3章 低線量率放射線は体に良い!
3-1 放射線が体に良い事例
3-2 放射線を浴びた動物は元気になった
3-3 渡部昇一・小林よしのり論争の不毛
第4章 チェルノブイリ・25年目の真実
4-1 チェルノブイリの教訓とは何か
4-2 東日本大震災と福島第一原子力災害の実像
4-3 福島とチェルノブイリ―虚構と真実―
4-4チェルノブイリをダシにしたNHKの偏向報道を暴く
第5章 マスコミ・武田邦彦氏・小出裕章氏らの冷酷
5-1 マスコミ御用学者の虚偽・偏向
5-2 中国の死の灰が降り注いだ
5-3 青山繁晴氏の「判断」を検証する
第6章 メディアの煽動と情報操作を超えて
6-1 労使とも原発ゼロに反対
6-2 電力価格はどうなるか
7章 日本の進むべき道はこれだ
7-1 核廃棄物の処理はこうする
7-2 既存の原発はこう使う
7-3 実用化する核融合技術
7-4 実用化する小型モジュール炉
あとがき
著者略歴

[担当からのコメント]
現代社会の生活に欠かせない電力は年齢や性別を問わず全ての人が真剣に考えるべき重要な問題ですが、本書では政治や思想ではなく純粋に科学的・論理的な思考から見えてくる原発問題の本当の姿が描かれています。ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ、これらの教訓を本当に未来に活かすために必要な正しい知見とは何か、ぜひ本書で体感してください。

[著者略歴]
長浜 浩明(ながはま・ひろあき)

昭和22年群馬県太田市に生まれる。同46年、東京工業大学建築学科卒業。同48年、同大学院修士課程環境工学専攻修了(工学修士)。同年4月、(株)日建設計入社。爾後35年間に亘り建築の空調・衛生・水処理・地域冷暖房・コージェネレーション等の設計に従事、200余件を担当。

【代表建物】
国内:東京駅八重洲口グラントウキョウ・ノースタワー、伊藤忠商事東京本社ビル、東京ディズニーランド・イクスピアリ&アンバサダーホテル、新宿髙島屋、警察共済・グランドアーク半蔵門、目黒雅叙園、大分マリンパレス、新江の島水族館
海外:上海・中国銀行ビル、敦煌石窟保存研究展示センター、ホテル日航ハノイ、ホテル日航クアラルンプール、在インド日本大使公邸、在韓国日本大使館調査、タイ・アユタヤ歴史民俗博物館

【資格】
一級建築士、技術士(衛生工学 空気調和施設)、公害防止管理者(大気一種、水質一種)、企業法務管理士

【著書】
『文系ウソ社会の研究』『続・文系ウソ社会の研究』『日本人ルーツの謎を解く』『古代日本「謎」の時代を解き明かす』『韓国人は何処から来たか』『新文系ウソ社会の研究』『最終結論 邪馬台国はここにある』『日本人の祖先は縄文人だった』『謀略の戦争史』(以上 展転社)『脱原発を論破する』(東京図書出版)『日本の誕生』(WAC)

新刊情報

作品の感想

Instagram

代表のインタビュー掲載

第1回22世紀アート短編小説賞受賞作品